2015/09/30

くま川鉄道~人吉温泉駅券売機券、硬券、補充券

錦江駅で切符を購入した後は、隼人駅で肥薩線に乗り換えて、人吉駅に向かいました。
人吉駅はくま川鉄道の人吉温泉駅との共同利用駅で、くま川鉄道の駅員も勤務しています。

ホーム上に設置されている券売機で購入しました。食券のような感じのような切符が出てきました。
人吉温泉駅ではおかどめ幸福駅の入場券も発売していました。
出札補充券です。
今回の訪問時には購入できなかったのですが、以前訪問時にはこのような補片を購入することが出来ました。この券を購入した時にも既に人吉温泉駅に改称されていたようですが・・・



2015/09/28

JR九州~錦江駅POS券

次の日の朝、錦江駅に向かいました。
前日市来駅で出会ったJR職員の方から、この駅が3月末で無人化される予定であるという情報を入手し、旅行の予定を一部変更して訪問することにしました。





2015/09/26

JR九州~西頴娃駅出補、料補

西頴娃駅シリーズ最終回です。
出札補充券、料金専用補充券も購入しました。


出札補充券は、区間をお任せしたところ、JR最南端の駅で有名な西大山駅を着駅とした切符を作って頂けました。

2015/09/24

JR九州~西頴娃駅補片、補往

今回は西頴娃駅で購入した補片、補往を紹介します。




発駅常備式と発駅補充式の、2種類の補充券を販売していました。
発駅補充式の券は発行所も補充式でした。

2015/09/22

JR九州~西頴娃駅常備券

湯之元駅、市来駅、東市来駅での収集を終えた後、鹿児島中央駅から指宿枕崎線に乗り換え、西頴娃駅に向かいました。
指宿駅で乗り換え、西頴娃駅に着いたのは19時過ぎでした。



西頴娃駅はJR九州の直営駅であるため、常備券の仕様が簡易委託駅のものとは少し異なります。また入場券も発売していました。
(因みに、指宿駅では西大山駅の記念入場券を販売していますが、以前購入したことがあるため購入していません・・・苦笑)

2015/09/20

JR九州~ミニ回数券

市来駅ではミニ回数券も購入しました。



表紙と券面です。小人券は右上の断線を切り取る方式であるため、大人用で購入しました。こちらも川内駅発行と書かれています。
ミニ回数券は、JR九州内でのみ販売されており、6枚綴りで1割引、1ヶ月間有効です。

2015/09/18

JR九州~市来駅常備券、補充券

東市来駅の次は、市来駅で収集しました。



市来駅の補充券と常備券です。川内駅発行となっています。
この券を買う時、私の真後ろにJR九州の職員が・・・
職員の目の前で補充券を買うのも少し気が引けました(注)が、切符収集家に非常に理解のある方で、「今度(3月)のダイヤ改正でいくつかの簡易委託駅が無人化されるよ」という情報をくれました。

注:補充券は本来は常備券や窓口端末では発行できない区間の乗車券を発行するためにあるもので、私のように隣の駅まで小人券を買う、というのは利用目的に反しています。販売して頂けるのは飽くまで駅員氏、委託氏の御厚意によるところが大きいです。
窓口端末が導入されているJRの多くの駅で補充券を購入できないのはそのためです。

2015/09/16

JR九州~東市来駅回数券

東市来駅では回数券も購入しました。

様式はJR九州のJR他社(まだこのブログでは扱っていませんが)の回数券とよく似ています。
東市来駅で、JR九州のミニ回数券(市来駅のものを2回後に紹介します)を売ってもらおうとしましたが、何故か鹿児島中央駅発の発駅常備式しか在庫がなく、東市来駅発のものしか売れないという理由で、売ってもらえませんでした。
窓口の委託氏は「何で鹿児島中央からのがここにあるんだろうな~~」 と首をかしげていました。

2015/09/14

JR九州~東市来駅常備券・補充券

鹿児島県内の駅シリーズその2です。
東市来駅でも常備券、補充券を購入しました。

 湯之元駅と同じく、小人券を扱っていました。また補充券の発行箇所も鹿児島中央駅になっていました。

2015/09/12

JR九州~湯之元駅常備券・補充券

肥薩おれんじ鉄道を降りた後は、鹿児島県内の鹿児島本線の簡易委託駅を訪問しました。
まずは湯之元駅です。



湯之元駅では補片、補往、常備券を 発売していました。
熊本県内の駅と異なり、常備券は小人券も扱っていました。
補充券の発行箇所が、「鹿児島中央駅」になっている点も、熊本県内の駅と異なります。

2015/09/10

肥薩おれんじ鉄道~川内駅常備券

肥薩おれんじ鉄道の終着駅、川内駅では常備軟券のみ購入しました。


 乗車券には記念に入鋏してもらいました。
八代駅で発売されているのと同じ様式の券です。

2015/09/08

肥薩おれんじ鉄道~八代駅普通回数券、その他

肥薩おれんじ鉄道の回数券には、一般的な鉄道業者で発売されている11枚の回数券の他に、6枚回数券があります。今回は6枚の回数券を購入しました。

有効期間は1ヶ月です。
「一部券片の使用後は・・・」の一文が消されているのが何故なのか気になります。何枚か使った後でも払い戻してくれるのかも知れません。

また、八代駅では過去の記念乗車券、入場券などを発売していました。


2011.11.11記念の入場券と乗車券です。B型、D型の硬券です。2枚合わせて400円でした。

2015/09/06

肥薩おれんじ鉄道~八代駅補充券

八代駅には補充券の設備もありました。



 駅名式補充券、出補、補片、補往です。
駅名式は、購入前から発駅、着駅に丸がついており、金額も決まっていました。
各種補充券のある中、駅名式を購入するのはマニアくらいという考えなのではないかと考えます。

2015/09/04

肥薩おれんじ鉄道~八代駅常備券・券売機券

木葉駅での収集の後は肥薩おれんじ鉄道に乗りに行きました。
肥薩おれんじ鉄道では、まず八代駅で切符を購入しました。

八代駅では、入場券、と乗車券が常備軟券で発売されていました。
入場券は大人用と小人用があり、小人用には「(小児用)」の記載があります。
いずれの常備券も、駅名補充式です。
 券売機券はバーコード式です。バーコード式の乗車券は、私の知っている限りでは、一昔前の上信電鉄高崎駅と、ゆいレール(QRコードですが)くらいで、あまり見かけないように感じます。

2015/09/02

JR九州~木葉駅常備券・補充券

肥後伊倉駅の後は木葉駅に向かいました。



私が訪問した時には、木葉駅には補片の設備はありませんでした。
補往、出補、料補の設備がありました。
(補往の運賃欄が、訂正されている上に間違っていることに、今このブログを編集しているときになって初めて気づきました・・・)